記事一覧

fire ant

最近、世間を騒がせているヒアリは、漢字で書くと「火蟻」と書くそうです。
そして、英語ではfire ant。そのまんまですね。

日本語と英語では、生き物の名前の付け方が異なっていて日本語での名称を文字通り訳しても英語にならない場合が多いです。たとえば、アライグマは、raccoonであり、「洗い」「クマ」でwashing bearとはなりません。

なので、英字新聞を読んでいて初めてfire antを見たときは、おんなじやんと思ってしまいました。

逆に、英語をそのまま日本語にしても何か分からないものも結構あります。たとえば、raccoon dogは直訳すれば「アライグマ犬」ですが、「タヌキ」の訳として使われています。

日英でほぼ同じ発想の名前としては、アリクイ→anteaterとかキツツキ→woodpeckerとかでしょうか。アリを食べるからアリクイでありant-eater、木をつつくからキツツキであり、wood-pecker(peckは「くちばしでつつく」)というのは、言葉は違えど人間考えることは同じというか、不思議なものです。

この他に、いくつかおもしろいものを紹介しておきますね。

hedgehog「生け垣のブタ」→ハリネズミ
red panda「赤いパンダ」→レッサーパンダ
sea lion「海のライオン」→アシカ
sea cucumber「海のキュウリ」→ナマコ

「海のキュウリ」がナマコとかは、もしかしたら当たるかもしれませんが、「生け垣のブタ」がハリネズミというのは、さすがに知らないと思いつかないですねえ。