記事一覧

仕事納め

今日で今年のレッスンは終了。3日まで冬休みとなります。
年末・年始の方が出席しやすいという受講生の方が多いため
ギリギリまでレッスンをすることにしています。

それにしても、今日は12月30日。ずっと仕事だったということも
あって、明日で今年も終わりというのが今ひとつピンと来ないです。
まだ年賀状と大掃除が残ってますし……。それをやりだしたら
年末らしくなるんでしょうか。

今年レッスンを受講された方、また、拙著をお読みいただいた方には、
大変お世話になりありがとうございました。また来年もどうぞよろしく
お願いいたします。

それでは、皆様、良いお年をお迎えください。

プライベートレッスンの割合

私の教室では1対1のプライベートレッスンと、1対2のセミプライベート、
そして、グループレッスンを開講していますが、開講数が大きく異なり
ます。

意外かもしれませんが、一番申し込みが多いのはプライベート
レッスンです。というより、それ以外のレッスンを希望される方が
ほとんどおられません。

そのため、今年も9月までグループのクラスが1つあっただけで、
それ以外は全てプライベートレッスンです。

10年ほど前まではセミプライベートやグループレッスンの申し込みも
多くて、半々ぐらいだったように思いますが、ここ数年はプライベート
レッスン以外の申し込みが極めて珍しくなりました。

やはり、1対1で集中したいという方が増えたのかもしれませんね。

入学キャンペーン

久しぶりの更新です。

この1ヶ月ほど執筆中の原稿に追われていまして、気がついたら
もう12月も半分が過ぎてました……。

さて、表題の通りただいま入学キャンペーン中です。
ご入学を希望される方は、ぜひこの機会にお申し込みください。目標に
向かって一緒に頑張っていきましょう!

なお、私が一人でレッスンを担当しているので、誰かが入学されるとその
クラスが終了するまでその曜日・時間は空きがないことになります。
予めご了承ください。

ちなみに、定番の16回のコースだと、終了までに最短で16週、更新されると
さらに16週かかります。実際は、ほとんどの方が何回か更新され、16回で
終了ということがあまりないので、いったん埋まると空くまでは結構時間が
かかります。

複数の曜日・時間で都合がつく方は、なんとか待たずに入学できることが
多いですが、「この曜日・時間しか無理」という方は、お急ぎいただいた方が
無難かもしれません。

お申し込み、お待ちしています!

TOEICが変わります

少し前から噂になっていた、TOEICの変更がいよいよ現実のものと
なりました。来年5月実施分から変更になります。

すでにTOEIC公式サイトでは、変更点の説明並びにサンプル問題が
掲載されています。かなり大掛かりな変更になりそうですね。

詳しい変更についてはまた改めるとして、問題を見る限り、本当の
英語力を測ることに重きをおいているように思えます。テクニック
だけで点数が取れないようにしたいということなのでしょう。

実践的な英語力を向上させることによって、TOEICのスコアをアップ
させるというのは、私のレッスンと執筆の方針でもあるので、この
変更で、使える英語力の向上を目指す人が増えると嬉しいです。

Halloween

今年のハロウィーンは例年になくニュースで取り上げられましたね。
これまでは、あまり日本では定着していない行事でしたが、これから
盛り上がっていくのでしょうか。

十数年前に家族とともにイギリスのオックスフォードの村に住んで
いたことがありまして、その時はイギリスでもあまり定着していま
せんでした。スーパーでは盛り上げようと一生懸命でしたが……。

逆に、村の人の中には、「若者がそれをネタにバカをやるので嫌い
だ」とか、「あんなものはアメリカでやってるだけだ。Englandの
行事じゃない」とか、「うちにお菓子を貰いに来たら、追い返す」と
いう人もいて(笑)、関心は今ひとつという印象でした。

その村には、英国国教会、カトリック、プロテスタントの3つの教会が
あって、敬虔な信者が多いという印象だったので、ちょっと意外でし
たね。ハロウィーン自体がそういう位置付けなのかもしれません。

なので、その当時もそれほど気にしていなかったのですが、ただ、
当日の夕方に、小学生ぐらいの子供が来たことがありました。
ベルが鳴ったので玄関のドアを開けたら、魔女のコスチュームに
身を固めた、小学生低学年ぐらいの女の子が立っていまして、

"Trick or treat?"

と聞いてくるではありませんか。

おおっ、これが例のヤツか~、とうれしくなって、居間から妻と
当時4歳の息子を呼んで、大騒ぎ。むしろ、私たちのほうが盛り上
がっていたかもしれません(笑)。本物、というと変ですが、
こういった文化・宗教的行事に参加したくて住んでいたので、
私としては来てくれて嬉しかったです。少し離れたところにお母さん
らしい女性が立っていたので、きっと一緒に近所を回ってたんで
しょうね。

trickと答えたら、何をされるのかにも興味がありましたが、やっぱり
お菓子のほうがいいかもと思って、treatと答えて、手元にあった
日本食料品で購入した日本のお菓子をあげました。

結局、あのお菓子は食べてもらえたのかどうかは、今でも気になります(笑)。

ドラマに出てます

もちろん私ではなくて、私の本です(笑)。

出版社から連絡がありまして、10月スタートの連続ドラマ
「5時から9時まで」で英会話教室内の本棚に数十冊の英語の
本が並んでおり、そのなかに、
「TOEIC文法完全攻略」「TOEIC文法別攻略法」
が入っているそうです。

ドラマを見た家族の話では、本棚の本はかすかに映ったものの、
書名までは分からなかったということなので、大したことはないの
ですが、自分の本がドラマに出ているというのは不思議な感じです。

数年前にも、「TOEIC文法別攻略法」はドラマで使ってもらった
ことがあって、その時は、『エンゼルバンク 転職代理人』という
番組でした。

この時は、主演の長谷川京子さんが本書をパラパラめくるシーンが
あって、ちゃんと書名まで映っていたので嬉しかったです。
自分の作品は自分の子供のように思えるところもあるので、
よくやったという感じでしょうか。

ただ、この場合は、中身よりもTV映りで選ばれたと思うので、
カバーを描いてくれたデザイナーさんのお手柄ですね(笑)。

Seiko Matsuda on Bones

海外ドラマBonesを見ていたら、松田聖子さんが出演していて驚き
ました。日本から来たジャーナリスト、リク・イワナガという役です。

そういえば何年か前に海外のドラマに出演するという記事を見かけた
ことがあったのですが、完全に忘れていた上に、このドラマだと知ら
なかったので、おおっと思ってしまいました。

しかも、よくありがちな、最初だけ出て終わりとかではなく、メイン
キャラの2人の捜査にくっついて行ったり、かなり登場シーンも多く、
ストーリーに絡んだ役でした。

メインキャラたちを向こうに回して見応えのある演技でしたし、
英語がとても流暢できれいというか、無理やり暗記したのではなく、
自分の言葉として話されている印象で、とてもよかったです。
それに、話し方が可愛らしくて、やはり永遠のアイドルですね~。
自分の青春時代を思い出します(笑)。

海外ドラマに日本人が出演することがあまりなく、日本人の役は
韓国や中国系の役者がやることが多いので、こういうのを見ると
嬉しくなりますね。

終盤に、日本語で「ありがとうございました。さようなら」と言う
シーンがありまして、当たり前ですが、日本語ネイティブのイント
ネーションで新鮮でした。海外ドラマだと、出演している日本人役の
俳優は外国語訛りの日本語を話すので、日本人かどうか顔で分から
なくても、日本語を聞けば分かるという……。

でも、これ、吹き替えの時どうするんでしょう。聖子さんの吹き替え
って違和感ありまくりな気がしますが、聞いてみたい気もします。

ちなみに、出演されているのは、Season 5の第15話です。「松田
聖子 Bones」で検索すると、当時の記事が出てきます。興味の
ある方はどうぞ。

ラジオアプリ

レッスンの宿題の一つに、ナマの英語を聞くというのを出しています。
教材として作られたものではなく、ネイティブがネイティブのために
作ったものですね。

その時におすすめしているのが、ラジオのアプリです。
海外のラジオをインターネットを通じてライブで聞くことができる
もので、国別に多数のラジオ局を網羅しています。

私自身は、イングランドとオーストラリアのアプリと、あとは、
ラジオ局のウェブサイトから、直接聞いています。
iPhoneで受信し、FMトランスミッターを使って車のFMで流している
のですが、特にローカル局を聞くと、現地に住んでいた頃を思い出して、
懐かしくなります。

ただ、時差があるので、夕方なのにGood Morningとか言われたり
朝聞くと、朝っぱらから聞きたくない話が流れたりするのはアレですが(笑)。

ライブで聞くと、海外の臨場感が増すのでおすすめです。

新刊出ました

先日お知らせしました私の新しい本が出ました。

「文法・構文・構造別 リスニング完全トレーニング 初級編」
(アルク)

以前出版した「文法・構文・構造別 リスニング完全トレーニング」の
初級編です。

基本的な練習の流れは前著と同じで、

①パーツだけを聞いて理解する
②1センテンスを理解する
③2-3文を理解する

という流れになっています。

特に、本書では初級の方でも取り組めるように、アメリカ英語のアクセ
ントで統一し、各章に3つあるドリルのうち最初の2つはかなり遅く
読んでもらっています。ですので、単語が聞き取れないことかなり少なく、
その分、理解する練習に集中できるでしょう。

単語が聞き取れても理解できない、ということに心当たりのある方には
ぜひとも試していただきたい本です。

あと、価格が2052円と、前著よりも700円近く安くなっています(笑)。

修了生の報告

レッスンを終了された受講生の方からも、ときどきスコアの報告を
いただくことがあります。

9月のTOEICでも、先月終了されたお二人が送ってくださいまして、
ともに過去最高で、一人の方は900点突破していました。
うれしかったです。

おふたりとも伸びつつあるところで終了されたので残念だったのですが、
950点や英検1級を視野に、今後も取り組んでいただければと思います。